FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ジェーン・ジン・カイスン監督プロフィール
1980 年生まれ、韓国系デンマーク人。ビジュアルアーティスト。王立デンマークアカデミーとニュー
ヨークのホイットニー美術館のプログラムで学び、映像や写真、テキスト、パフォーマンスを用いて、
記憶と主体の位置、政治的エージェンシーを主題にした意欲的な作品を発表しており、国内外で高い評
価を受けている。本作品は第7 回台湾ドキュメンタリー映画祭に招待された。

ジェーン・ジン・カイスン監督のオフィシャルサイト「JJK」はこちらから。



ジェーン・ジン・カイスン監督&ガストン・ソンディン・クン共同制作者より、日本の観客のみなさまへ

Directors

まず、東北・太平洋沖大震災で被災された方々に心よりお見舞い申し上げるとともに、被災地のすみやかな復興をお祈りいたします。震災のもたらした悲劇は測りしれないほどですが、人々の強い意思と精神の力によって、この困難な時を、きっと乗り切っていけるものと思います。

日本で『女と孤児と虎』を上映できますことは、大きな喜びです。私たちはこの映画で、3世代の女性たちを通して、韓国における軍事化の歴史と、それが女性と子どもにあたえた影響をたどろうとしました。すなわち、日本軍戦時性奴隷とされた元「慰安婦」の女性たち、朝鮮戦争後、韓国の米軍基地周辺でセックスワーカーとして雇用された女性たち、そして、各国に送り出された海外養子たちです。

この映画の視野は国境を超えるものであり、それゆえに、これまで上映がおこなわれた韓国、アメリカ、台湾、ヨーロッパなど各国において、異なる対話を生み出してきました。私たちはこのプロジェクトに着手したときから、日本での上映を待ち望んでいました。この映画における重要な要素のひとつは、東アジアにおける日本の植民地支配の影響に関わっているからです。今日そして未来に向かって民主的市民社会を築き、国境を越えた和解をつくりだすためには、過去を知り理解する必要があります。ですから、本作品を日本で上映し、観客のみなさんと意見交換の機会をもてることは、私たちにとって、大いなる喜びなのです。

本作品について
「韓国へと帰還するディアスポラたちは、韓国の民主化と経済成長の過程で行われた特定の国民層に対する不正義をめぐり、これを語らせないよう巧妙に構築されたナラティブに「身体」をはって立ち向かい、これを揺るがす存在である。ディアスポラたちはグローバル資本主義を拡大させる韓国社会に対し、過去60年間の南北分断、韓国での米軍長期駐留という問題を突き付ける。
『女と孤児と虎』は、記憶の底に沈められ、知られず、表現のすべなく抑圧されてきた集団的なトラウマの影響を明らかにする。承認と和解、償いを望む女性たちを描き出し、彼女たちに沈黙を強いてきた構造とイデオロギーを解体する戦略的な連帯を創り出すために・・・
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://womanorphantiger.blog55.fc2.com/tb.php/2-329ec158
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。